弁当

ストレスがかからない

腎臓病食を作った経験のある家庭ほど、そのお弁当を宅配サービスしてくれるメーカーの評価が高いです。それは今まで家庭で作った人とそれを食べてきた人の双方のストレスを大幅に緩和させてくれる効果があるからです。

和食

食事の管理を楽にする

糖尿病を悪化させないためには日頃の食事の管理はとても大事です。毎日糖尿病食を用意するのが難しい人は宅配も活用してみましょう。糖質やカロリーも適正で栄養のバランスに優れた食事が用意されていますので、毎日の食事の管理がとても楽になります。

食事

バラバラになる食べ物

嚥下障害のある人にとって、口の中でバラバラになる食べ物は誤嚥してしまう原因になります。それを防止するのに、寒天やゼラチンでゼリー状にしたり、片栗粉であんかけ状にすると誤嚥する危険性を大幅に減らすことができます。

和食

味と価格のバランス

腎臓病食のお弁当宅配業者は毎日利用し続けることになるため、選ぶときのポイントに味と価格が挙げられます。そのお弁当は冷凍保存のため、価格においてはまずは冷凍庫のスペースを確認して、そこから計算していく必要があります。

弁当

別途作らなくて良い

糖尿病患者の食事作りは家族とは別途作らなくてはならないので大変です。そこで、糖尿病食を宅配してくれる専門業者を利用してみましょう。カロリー計算もきちんとなされているので、安心して利用することができます。

誤嚥を防ぐ食事

女性

誤嚥防止する工夫について

高齢者でよくみられる嚥下障害を起こしてしまうと肺炎の起こしてしまう危険性が出てきます。それは食事をするときに誤嚥、つまり、本来食道を通る食事が誤って気管支に入ってしまいそれが原因で炎症を起こしてしまうからです。その誤嚥によって命を落としてしまう危険性があるため、高齢者による嚥下障害を減らすことが重要となります。その方法として嚥下障害用の病食も考えられているのです。そもそも誤嚥が起こりやすい食事があり、堅い食べ物や口の中でボロボロと崩れてしまう食べ物などが挙げられます。そのため、様々な工夫をされているのです。例えば、硬い食べ物は顎の弱い人が細かくかみ砕くことができないことで誤嚥してしまうため、隠し包丁を入れたり、長時間圧力を加えながら煮込むことで柔らかくしています。逆にボロボロと崩れてしまうような食品は、パン粉や玉子などを繋ぎにしてハンバーグのようにまとめることで防止することができます。一手間を加えることで嚥下障害者でも安全で美味しい食事を摂ることができるわけです。しかし、近年では共稼ぎをしている家庭も多く、その一手間の食事を作ることが難しい家庭も少なくありません。そこでメーカーが嚥下障害用の病食を作って宅配するサービスを提供しているところも増えています。誤嚥しにくいように工夫がされているだけでなく、バラエティーに富んだメニューを提供しているため、食べる人に飽きさせない工夫もされているのです。